水がきれい! 龍泉寺

涼を求めて、奈良県の天川村へ。 標高835mにある天川村の洞川地区は、涼しいとまではいきませんが、暑くない。 まずは近畿三十六不動尊霊場第31番札所龍泉寺。 総門と 二つの修験門があります。 総門を入ると、すぐにあるのが大峰山第一水行場。 水が透き通っています。 鐘楼 シンプルな手水場 水が冷たくて気持ちいい。 寺務所 便…

続きを読む

神戸唯一の国宝建造物・太山寺

神戸市西区にあります太山寺(たいさんじ)へ。 仁王門(室町時代の建立・重文)。 仁王門から、中門までは少し歩きます。 途中には塔頭寺院の安養院があり、こちらの庭園は国の名勝に指定されています。 1月1日~1月3日、4月26日~5月5日、11月1日~11月30日に公開されるようです。 もう少し先に進むと、太山寺の中門があります。 手水舎と三重塔。 三重…

続きを読む

三千院の苔と紫陽花

午後からは、大原の西国四十九薬師霊場第45番札所・三千院へ。 今年はお正月に参拝しましたので、二度目です。 御殿門。 客殿の聚碧園。 国宝の阿弥陀三尊様が祀られている往生極楽院は、超満員です。 わらべ地蔵さま♡ 何度も参拝している三千院ですが、紫陽花の季節は初めてです。 折しも、雨が落ちてきました。 苔が喜んでます( *´艸`)

続きを読む

とても小さな弥勒菩薩さま・野中寺

葛井寺からほど近い、羽曳野市にあります西国四十九薬師霊場第14番札所・野中寺(やちゅうじ)へ。 野中寺は 聖徳太子建立の寺院で、「河内三太子」の一つ、「中之太子」とも呼ばれています。 金剛力士像。 どことなく愛嬌があります(〃▽〃) 門を入ると、東西に建物礎石が残されています(国史跡指定)。 塔跡 金堂跡 ヒチンジョ池西古墳石棺 これは南西1km…

続きを読む

紫陽花ごしの多宝塔・久米寺

最後は橿原市にあります西国四十九薬師霊場第7番札所・久米寺へ。 何かの塔の跡(大塔礎石) 手水の吹き出し口が変わっています。鯉に仏様が乗ってらっしゃる?? 薬師如来様が祀られている本堂 なまずの奉納絵馬。何かいわれがあるのかな? 樋受石を支えている鬼がかわいい。 久米仙人像を見そびれてしまったのが心残り。 若い女性のふくら…

続きを読む

神呪寺(西宮市)

兵庫県西宮市、甲山(かぶとやま)の中腹にある神呪寺(かんのうじ)へ。 このあたり、ハイキングされている人たちが多数。 巨大な石塔にびっくり! まずは手水舎で手と口を清め 鐘楼へ。 この鐘をつく橦木(しゅもく)、かなり重量感がありました。 本堂。 融通観音こと、如意輪観音坐像(重文)は、「日本三大如意輪」ともいわれ、 毎年5月18日だけの…

続きを読む

十二神将の魅力・新薬師寺

奈良市高畑町にある西国四十九薬師霊場第6番札所・新薬師寺へ。 「新薬師寺」という名前から、なんとなく今まで行きそびれていたお寺。 「新」は新しいという意味ではなく、「あらたかな」ということらしい。 薬師寺とは無関係で、747年の創建だそうです。 南門から入ると、とてもシンプルな境内。 元々は壮大な伽藍のお寺でしだか、そのほとんどが火事で焼けてしまい、 焼け残った今の本堂(もと…

続きを読む

雪の神護寺

龍安寺からは、高雄方面に向かいました。 5年3ヶ月ぶり、二度目の神護寺です。 西国四十九薬師霊場第44番札所。 以前、紅葉の季節に訪れた時の日記はコチラ。 赤い橋を渡り けっこうな石段を登って(写真は帰りに撮影したもの。行きは雪が積もってました) 神護寺に到着。 売店が休んでいるとのことで、受付にて、かわらけ投げ用の小皿を購入。 まずは一番奥まで行き、…

続きを読む

霊山寺にて薬師湯に浸かる

お正月3日目は奈良へ。 西国四十九薬師霊場第2番札所・登美山鼻高・霊山寺(りょうせんじ)です。 駐車場に車を停めて、まずは鐘楼(幸せを呼ぶ鐘)へ。 普段は拝観料が500円(バラの季節は600円)のところ、三が日は無料とのこと! 喪中の我が家、鳥居はくぐらずに、その脇から入りました。 八体仏霊場。 辨天堂。 この奥には、黄金殿と白金殿があります。 …

続きを読む

湖東三山・西明寺

湖東三山(滋賀県湖東地方の三つの天台宗寺院の総称)をめぐってきました。 1ケ寺目は、甲良町の西国四十九薬師霊場第32番札所・西明寺(さいみょうじ)。 受付を過ぎ、まずは中門から庭園へ。 小さな門をくぐった隣には、池泉観賞式の「蓬莱庭」 お庭から石段を上がっていくと、苔がたくさん。モコモコです♡ さらに名勝庭園があります。 二天門(重文・室町…

続きを読む

初の同時公開! 二つの塔

奈良 興福寺 国宝特別公開2016 五重塔/三重塔 初の同時開扉! ということで、朝一番に行ってきました西国四十九薬師霊場第4番札所・興福寺。 まずは五重塔。 5回の被災、再建を経て、1426年頃に再建されたもので、塔高50.1mの本瓦葺き。 東に薬師如来さま、南に釈迦如来さま、西に阿弥陀如来さま、北に弥勒如来さまが安置されています。 そして三重塔。 こちらは以…

続きを読む

當麻寺(伽藍堂塔と奥院)

奈良県葛城市にある當麻寺(たいまでら)へ。 東大門。 国宝の梵鐘。 国宝の本堂(曼荼羅堂)。 受付にて、本堂・金堂・講堂の共通拝観券を購入し、本堂内陣へ。 ご本尊様は、縦横4メートル四方の、文亀曼荼羅(転写本の絵画)。 (綴織の根本曼荼羅は非公開) 須弥壇(国宝)の上の、六角形の厨子(国宝)の中に収められています。 須弥壇には、螺鈿の模様があり、とてもつやつや…

続きを読む

名残の紅葉・曼殊院門跡

最後に向かったのは、近畿三十六不動尊霊場第17番曼殊院門跡。 こちらも5年ぶりですねー。 北通用門の手前、まだ紅葉が残っていました。 北通用門。 ここより内側は、お庭以外は撮影禁止です。 大書院の仏間に安置されている阿弥陀如来様は、今期が最後の公開・・・と書かれていました。 遠州好みの枯山水庭園。 今年の紅葉、見納め。。。

続きを読む

奈良の桔梗・元興寺

ならまちにある世界遺産、西国四十九薬師霊場第5番札所・元興寺(がんごうじ)へ。 国宝の極楽堂(本堂) 蓮の花って、本当にお寺に似合います♡ 国宝の五重小塔が安置されている宝物殿。 五重小塔は奈良時代に建立されたものですが、ずっと室内に保管されてるものなので とても美しく、他の寺院の五重塔の、ひな形にされたということでした。 宝物館のあたり、桔梗が満開で…

続きを読む

京都最大のパワスポ・鞍馬山ハイキング

もしかしたら、私の寺院好きのルーツかもしれません。 鞍馬山・鞍馬寺。 私が物心ついたころから、元日は早起きして、鞍馬寺に親戚一同で初詣。 祖父母が参拝できなくなるまで、毎年の恒例行事になっておりました。 その後は家族だけでなく、ボーイスカウトでも何度か、貴船~鞍馬をハイキング。 とはいえ、なかなかハードな参道に足が遠のき・・・今回は12年ぶりの参拝。 まずは仁王門近くの、油屋さん…

続きを読む

悟りの窓から紅梅を~雲龍院~

京都は東山、泉涌寺の山内の一番奥にある別院の雲龍院へ。 西国四十九薬師霊場第40番札所です。 入口の手前には【禁酒肉五辛入門】と書かれた石碑があります。 飲酒・ニラやニンニクなどの匂いの強い食べ物を食べての入門は禁止。 通用門から入ると、羅刹の難を救うと言われている、衆宝観音の石像があります。   拝観入口から入ると、まずは双龍風雷図。 左右の見る角度によっ…

続きを読む

九体阿弥陀仏・浄瑠璃寺

長谷寺から、山道を延々と車で走って 次に向かったのは、木津川市の浄瑠璃寺。 梵字の阿字をかたどった池を中心にして、東に薬師仏、西に阿弥陀仏を配した庭園は 極楽世界をこの世に表わしたものだそうです。 薬師如来様が祀られている国宝の三重塔 お天気が良ければ、毎月8日に御開帳されているそうです。 本堂前の重文の石灯籠からも撮影してみましたー。 本堂(九体阿…

続きを読む

女人高野・室生寺(後編)

室生寺・奥の院へは、けっこう険しい階段を登らねばなりません。 特に後半は傾斜も急で、手すりを持たないと、ちょっと怖いところもありました。 室生寺の仁王門から金堂までのところ(鎧坂) 五重塔のところ そして奥の院までの階段を全部合わせると、約700段だそうです!! 登り切ったところには位牌堂。 位牌堂の周りには欄干があり、裏に回ると、ちょっと休憩できるスペー…

続きを読む

女人高野・室生寺(前編)

先週に引き続き、この週末も晴天! 紅葉狩り日和! もったいなくて、ジッとしてられません(>_<) というわけで、本日 向かったのは 奈良県宇陀市の室生寺→桜井市の長谷寺 →京都府木津川市の浄瑠璃寺→クローバー牧場 まずは西国四十九薬師霊場第8番札所・室生寺です。 前々から、ずーっと行きたいと思っていたお寺。 女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたこ…

続きを読む

高野山で避暑・金剛三昧院と女人堂

高野山のメイン通りから、少し外れたところにある、西国愛染十七霊場第17番札所・金剛三昧院へ。 庭を手入れされている方や、門のあたりを修復されている方がいる他は 誰も参拝者がいません。 こちらももちろん、世界遺産。 前回は多宝塔が修復工事中で、とても残念だったんですが このたびリベンジできました!! どーですかっ。 建立は1223年。 高野山の建立物の中では、最も…

続きを読む