日本最初毘沙門天・神峯山寺

大阪府高槻市の根本山 神峯山寺(かぶさんじ)へ。 新西国三十三箇所第14番札所・神仏霊場巡拝の道第64番 新名神高速道路を見下ろす広い駐車場に車を停めると、道を隔てた向かい側に 金毘羅飯綱大権現が鎮座していました。 5分ほど歩いたところに仁王門と・・・ 駐車場がありました(ノ∀`*)ペチョン 吽形の金剛力士像は修復工事中なので、阿形の仁王様だけでした。 境内…

続きを読む

ド迫力の蔵王権現・金峯山寺

奈良県吉野町、吉野山にある世界遺産の国軸山 金峯山寺へ。 神仏霊場巡拝の道第39番。 吉野山観光駐車場に車を停めると(11月の土日は@1000円)こんな景色(〃▽〃) まずは下千本エリア(緑色で囲んだところ) 中千本エリアの金峯山寺まで約15分ほど歩きます。 赤い橋を渡り 黒門(総門)をくぐり 重文の銅鳥居(かねのとりい) 俗界と聖…

続きを読む

お多賀さん

滋賀県多賀町にある神仏霊場巡拝の道第133番・多賀大社へ。 太鼓橋 ちょっと怖いけど、渡ることができます(〃▽〃) 御神門に向かって右側に、境内摂末社の愛宕神社・秋葉神社 左側は、天満神社があります。 御神門 手水舎 神馬舎 拝殿・神楽殿・幣殿・本殿で構成され、拝殿から参拝します。 伊邪那岐命(イザナギ)・伊邪那美命(…

続きを読む

東近江の奥座敷・永源寺

滋賀県東近江市にある、神仏霊場巡拝の道第140番・瑞石山 永源寺へ。 大歇橋の手前にある無料駐車場に車を停めました。 (紅葉の季節は、駐車不可。有料の民間駐車場へ) 手水場 「和泥水」と書かれていて、地蔵菩薩様が祀られています。 羅漢坂を上ります。 メガネをかけたお地蔵さん。珍しいですね! よ~く見ると、十六羅漢さんが祀られています。 境内図で…

続きを読む

奥河内の秘宝・金剛寺

大阪府河内長野市にある真言宗御室派の大本山・天野山 金剛寺へ。 新西国霊場第7番・神仏霊場巡拝の道第55番札所 とても広い境内の最北にある駐車場に車を停め、総門へ。 傷みが激しく、立入禁止のロープが張られていたので、門をくぐることは出来ませんでしたが、 近くから金剛力士像を拝見することはできました。 寺務所の拝観受付にて、拝観料と駐車場代@500を納めます。 拝観料は、本…

続きを読む

聖徳太子御廟所・叡福寺

大阪府太子町の磯長山 叡福寺へ。 新西国霊場客番・河内西国霊場第21番・聖徳太子霊跡第6番・神仏霊場巡拝の道第57番 駐車場も拝観も無料です。 南大門 こちらの金剛力士像は、ちょっと細身です。 南大門をくぐると、静かな広々とした境内が広がっています。 手水場は、憩いの場になっていました(〃▽〃) 金堂 ご本尊は如意輪…

続きを読む

毘沙門堂門跡

京都市山科区にあります神仏霊場巡拝の道第127番・毘沙門堂門跡へ。 こちらは2011年11月に参拝し、今回が二度目です。 石段の先に仁王門 手水場 ちょっとわかりにくいのですが、鐘楼です(^_^;) まずは本堂へ。唐門から入ります。 朱色が鮮やかです。塗り直されたんですね! 2011年に撮影したもの↓ まるで別のお寺。 横から見…

続きを読む

新緑がまぶしい真如堂

金戒光明寺に隣接している真如堂こと、鈴聲山 真正極楽寺へ。 神仏霊場巡拝の道第111番 こちらも前回の参拝は、2012年11月なので、5年半ぶりです 拝観料は本堂以外は無料で、車も紅葉期以外は境内に無料で駐車できます。 手水場 こういうところにお花があると、いいですねー! 鐘楼は、手水場の奥にありました(撞けません) まずは本堂(重文)へ。 …

続きを読む

忠臣蔵のふるさと・赤穂大石神社

赤穂城跡に隣接している神仏霊場巡拝の道第76番・赤穂大石神社へ。 赤穂浪士を祀る神社ということで、 門前には「四十七義士石像裏門隊」として、24体の討ち入り姿像が。 神門 神門の内側には、大黒さまと恵比寿さま。 手水場 開運厄除・大願成就の絵馬 心響石 浅野家大坂蔵屋敷の舟石 十二支えと石像 拝殿 …

続きを読む

観心寺・国宝如意輪観音様ご開帳

1年のうち、2日間(4月17・18日)だけご開帳される秘仏・如意輪観音様の御開帳ということで 河内長野市の檜尾山 観心寺へ。 新西国三十三箇所客番・関西花の寺二十五霊場第25番・役行者霊蹟札所・神仏霊場巡拝の道第56番 お寺のHPには、拝観は9時からで、ご開帳は10時からと書かれておりましたが 念のため電話で確認すると、納経所が開くのが9時で、参拝は7時から可能とのこと。 8時40…

続きを読む

女人高野・室生寺(再)

奈良県宇陀市(三重県との県境に近い)の宀一山(べんいちさん) 室生寺へ。 西国四十九薬師霊場第8番・神仏霊場巡拝の道第36番 前回の参拝は、2014年11月ですから、3年半ぶりです。 今回も「よもぎ入り回転焼き」を販売されている栄吉さんで回転焼きをいただき 車を無料で停めさせていただきました(〃▽〃) 太鼓橋を渡って 以前は、太鼓橋を渡ってすぐ右折し、川沿いの道を…

続きを読む

新西国第4番・水間寺

和歌山県の2ヶ寺を参拝し、次は大阪府貝塚市の龍谷山 水間寺へ。 新西国4番札所・神仏霊場巡拝の道第53番札所 門はなく、境内に車を停めました。 こんな看板が出迎えてくれます( *´艸`) まずは手水場へ。 三重塔 鐘楼は撞けませんでした。 スロープのかけられた本堂へ。 内陣には、赤い提灯や燈籠がたくさんありました。 ご本尊の聖観音…

続きを読む

いくたまさん

最後に向かったのは、天王寺の難波大社・生國魂神社。 「いくくにたま神社」と読みますが、通称「いくたまさん」と呼ばれる大阪で最も古い神社です。 神仏霊場巡拝の道第48番。 こちらの鳥居、サントリーの創業者・鳥井 信治郎氏の名がありました。 手水場 拝殿 本殿は屋根だけが見えます。 拝殿の向かって右側に回ると、天満宮と 住吉神社…

続きを読む

泉涌寺・舎利殿の特別公開

京都の東山区にある泉涌寺へ。 神仏霊場巡拝の道第121番 3年ぶりの参拝です。(前回の日記はコチラ) 大門(重文)から仏殿が見えています。 下り参道というのは、かなり珍しい。 この仏殿(重文)は、正面と両サイドに開口部があり 斜めから見ると、三手先詰組の部分が美しい。 両折れの桟唐戸(さんからと) 中に入らせてもらうと、典型的な禅宗様式のお…

続きを読む

京都紅葉の穴場!智積院

遅めの出発となりましたが、ちょうど雨が止んできました(〃▽〃) 東山区にあります総本山 智積院(ちしゃくいん)へ。 近畿三十六不動尊霊場第20番・神仏霊場巡拝の道第120番 この仁王門からは、中に入れません。 少し南に車も入れる出入口があります(なんと駐車場は無料) 納経所を兼ねた総合受付所(御祈祷の受付・御守の販売)があり さらに進むと 拝観受付所があり、 ここ…

続きを読む

バリアフリーな須磨寺

本日最終、5ヶ寺目は神戸市須磨区にあります、大本山 須磨寺へ。 新西国三十三所第24番・摂津国八十八所第88番札所・神仏霊場巡拝の道第72番 お寺の歴史年表を見ると、火事や山崩れ、そして阪神淡路大震災で大きな被害を受けられ 再建・改修を繰り返してこられたお寺。 本当は駐車場から入ったので、参拝順序は逆だったんですが お寺に入るべき順序で書かせていただきます。 龍華橋 …

続きを読む

がん封じの寺・大安寺

がん封じで有名な、南都七大寺・大安寺(だいあんじ)へ。 神仏霊場巡拝の道第17番 以前の大安寺は、25万㎡の広大な敷地に、金堂・講堂を中心とした伽藍があり 東大寺に対して、南大寺と呼ばれていたこともあったそうです。 南門から入ります。 興福寺旧一乗院の門を移築、復元したものだそうです。 門を入って、すぐにあるのが、中門跡。 少しわかりにくい草陰に、南大門跡の石碑…

続きを読む

菩薩半跏思惟像と再会・中宮寺

法隆寺の東院伽藍の東側に隣接し、四脚門の中にある 旧斑鳩御所・中宮寺(ちゅうぐうじ)へ。 神仏霊場巡拝の道第27番 2年ぶり、二度目。菩薩半跏思惟像との再会。 こちらは「大和三門跡尼寺」の一つで(他は法華寺、円照寺) 創建当初は400メートルほど東にありましたが、16世紀末頃に現在地に移転したそうです。 入口に立っている案内パネルの写真、思いっきり反射してますが この角度か…

続きを読む

十二年に一度のご開帳・七宝瀧寺

泉佐野市犬鳴山にある七宝瀧寺(しっぽうりゅうじ)へ。 近畿三十六不動尊霊場第32番・神仏霊場巡拝の道第54番札所 対向車と離合するのに一苦労するような山道を登って、9時すぎに到着したら、 50台停められるという駐車場はすでに満車。 入口からだいぶん離れた場所に車を停めました。 それもそのはず、12年に一度(酉年)3日間だけのご開帳日だったのです! 犬鳴山全図を拝見し …

続きを読む

京都のランドマーク・東寺

琵琶湖の帰りに立ち寄ったのは、神仏霊場巡拝の道第84番・東寺こと教王護国寺。 東寺って・・・すぐそばを車で通ることが多く 何度も参拝しているような気がするのですが ちゃんと参拝するのって、実は2度目、4年半ぶり。(前回の日記はコチラ) 駐車場の隣、蓮池の奥にある宝蔵。 北大門の近くにある手水舎。 このあたりまでは、拝観無料です。 講堂・金堂・五重塔のあたりま…

続きを読む