奇々怪々

昨日・・・相方が、実家からビールを1ケース、もらってきてくれました。
どうやら、うちの親が、相方のご両親に送ったお中元のようです。
こりゃ、ラッキー♪

いや、まてよ。
これまで20年間、うちの親からのお中元は、洗濯用の洗剤と決まっておりました。(そして、いつも うちがもらっておりましたw)
なので、相方のオカンも、私も・・・??? 

そして今日、うちの親から電話。
「あんたのお義母さんから、お中元のお礼の電話、いただいたんやけど、うち、送ってへんねん・・・」
「えっ?!」
あわてて、ビールのケースに貼られた、送り状を見ると
うちの親から、相方の親へ・・・ちゃんと、そう書いてあるんですが、あきらかにうちの両親が書いた文字ではない。

私「そっちから送ったように、書いたぁんで。
 しゃーけど、ちょっと待てよぉ。
 住所のネオライフがなぁ、ネオライスって書いたーる。
 しかも、うちの苗字の漢字、なんか間違えてる!!!」

うちのお母さん
「そっか・・・きっと、H(3月に結婚した私の弟1)と同居してるお姑さんが、気を遣って、送ってくれたんやわっ」
「そんなん、すんごい変な話やで?? 確認した方がええって」
「いやぁ、よう聞かん・・・Hに聞いてみよ」

弟も、送ってへんという。私の母、すっかり
「なんや怖いわ!! あんた、絶対に飲んだらアカンよ!!」


奇々怪々。

で、包装紙をベリベリ めくってみた。

080703_212752.JPG中の熨斗紙を見た。
お中元の、送り主の名前・・・
うちの苗字!!

つまり、熨斗紙はちゃんと、相方の実家の苗字になってるけれど
送り状が、送り主と受取人、逆に書かれているようなのだ。

相方のオカンに尋ねると
「いつもは、自分で書くんやけど、暑ぅて、お店の子に頼んだんやぁ」

あちゃ~。

明日、そのお店に持っていって、もう1回、送りなおし。
私は・・・ビールを飲み損ねたぁ(笑)

"奇々怪々"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]