タンギングとフレーズ感

朝からジャンカラで、1時間サックスの練習をしたあと、
1ヶ月ぶりのレッスンに行きました。

12メジャースケールをざっと通しました。
今までは、ハ長調→ヘ長調→変ロ長調・・・と、♭を増やしていき
次は ト長調→ニ長調・・・と♯を増やしていってたんですが
今度からは

 ①シ♭から始まる変ロ長調(♭2) → ②シからのロ長調(♯5)
→③ドからのハ長調 → ④レ♭からの変ニ長調(♭5)
→⑤レからのニ長調(♯2) → ⑥ミ♭からの変ホ長調(♭3)
→⑦ミからのホ長調(♯4) → ⑧ファからのヘ長調(♭1)
→⑨ファ♯(ソ♭)からの嬰ヘ長調(変ト長調)(♯or♭6) →
→⑩ソからのト長調(♯1) → ⑪ラ♭からの変イ長調(♭4)
→⑫ラからのイ長調(♯3)

という、最低音から半音ずつあげて行くスケール練習をするようにという
宿題をいただきました。

タンギングも、じっくり教えていただきました。
ハーフタンギングっていうんでしょうか。
1拍は普通に吹いて、次の1拍は軽く舌をあてる。
息は保ったまま、リードの振動を半分に抑える。
振動しているリードに、舌をゆっくりあてると、
なんだか痛こそばい。
私は、舌が当たった時点で、息も止まってしまい、音が途絶えてしまいます。

楽団の曲『太陽へ○讃歌~』の、ゆったりした部分の吹き方を教えてもらいました。
同じようなフレーズが続くときは、2回目以降はエコーだととらえれば、自然なディミネントになる。
歌詞はついていないけれど、楽譜を読み取って、句読点をつけるように。
棒吹きになるのではなく、フレーズ感を大切にすれば、ビブラートにこだわらなくても、素敵な曲になる。。。
φ(・ω・*(・ω・*)φメモメモ♪

IMG_9168.JPGその曲の最後には、テンポ176でこんな3連符もあります(指揮者さんいわく、演奏会の本番は、テンポ200を目指しているらしいw)!!
ラ♯とシの連続をどうするか悩んで、師匠に相談しましたら
素晴らしい替え指を教えてもらいました。
ソ♯の指で、右手の人差し指を押すと、ちょっと音程は悪いんですが
ラ♯が鳴ります。
わーいっ。
くじけずに、がんばりまーす♪

"タンギングとフレーズ感"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]