愛は、撮るほどに奪われる

gelatin silver love.jpg 
映画『ゼラチンシルバーLOVE』を観た。
90分の映画なんやけど、セリフは数えるほどしかない。

24時間撮られる女に、宮沢りえ。
女から一時も目を離さない男に、永瀬正敏。

500ccの水で、きっちり12分30秒ゆでた卵を、官能的に食べる宮沢りえは、画面からはみ出すほどのドアップに、じゅうぶん耐えられるほど美しく、そしてエロチック。
セックスシーンなどは一切出てこないのに、めっちゃドキドキするーー。

監督は、写真家の操上和美さん。73歳にして初監督。
さすが写真家。
廃墟のような部屋の光の使い方、構図・・・
1枚1枚の写真を連ねたような映像に、うっとり。

私の大好きな映画『undo』(岩井俊二監督)を、思い出したなぁ。

"愛は、撮るほどに奪われる"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]