ファゴットアンサンブル

   大阪クラシック2009.jpg  090831_173912.JPG 

今年も始まりましたーっ。
大阪クラシック2009るんるん
8/30~9/5の7日間で、100公演!!
今年のテーマは「B」

ということで、本日 仕事帰りに走って行ったのが、心斎橋のオカムラ・ショールーム。
ギリギリで間に合いました。
ファゴット四重奏です。
大阪フィルハーモニー交響楽団のファゴット奏者のみなさん(久住雅人さん・熊谷将弘さん・宇賀神広宣さん・中原正行さん)によるカルテット。

 イタリア人の仕事(イタリア協奏曲より)/バッハ
 交響曲 第9番より/ベートーヴェン
 組曲「アルルの女より」メヌエット/ビゼー
 バスーン協奏曲より 第2楽章/ウェーバー
 シング・シング・シング/ベニー・グッドマン

アンコール
 ハンガリー舞曲/ブラームス

シング×3と、アンコール曲は、打楽器の堀内吉昌さんが、サポート出演されてました。

コントラファゴット.JPGお一人だけ、曲によって楽器を持ち替えされていました。
コントラファゴットです。
めーっちゃ 深い音。
いいですねぇ揺れるハート
低音フェチには、たまりません。

ファゴットの音色、ほんまに癒されますねぴかぴか(新しい)
優しくて温かくて、でもたまにコミカル。
独特の音色なんですよねー。
でも、楽器としては、そうとう高価です。
下品な話になりますが
普通のファゴットでも、国産車が変えます。
コントラファゴットは、500~600万円だそうです。
ひえ~!!!

"ファゴットアンサンブル"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]