拍点・デッドポイント

楽団の練習へ。
雨だったので、自転車はあきらめて、H小学校まで約25分徒歩。
楽器と楽譜と譜面台と傘ふらふら
うーん。自転車につける「さすべえ」買おうかなぁ。。。

15時半から個人練習。私は16時すぎから参加。
スケールとロングトーンを、立って練習しました。

17時すぎから全体の基礎練習。
今日は参加人数が少なくて、ちょっとしたミスもバレバレあせあせ(飛び散る汗)
FTB#2は、あまりにボロボロで・・・
笑いが止まらず、中断。すいませーん!!

18時から、先生が来られまして
まずは先週の感想、反省。
そして先生が、この楽団で作りたい音のお話。

チューニングのあと、B♭音階を4拍伸ばしで。
何回もストップがかかります。
音の出だしは、直角に。
全音符のスラーですが、なんとなく次の音に行ってはダメ。
「拍点」(拍の頭)を大切に。←これは初めて聞いた言葉です。
全音符を吹いているあいだも、8ビートを感じること。

テンポとリズムとビートの違いも説明して下さいました。
我々が演奏するのは西洋音楽だけど、
日本人には、もともと8ビートのDNAがないのだから
学習して身につけていかなくてはと。

そうやった。
日本人の手拍子って、2拍目と4拍目だもんね。

いーーっぱいタメになるお話をきいて
最後の20分、新曲を合奏。
先生が作曲された曲です。

伸ばす音のところ(デッドポイント)には、オブリガード(裏メロ)があるので
意識して聴いて、無造作に伸ばさずに、引き立てること。
デッドポイントも、初めて聞いた言葉だなφ(-ω-*) メモメモ
自分のパートに必死で、なかなか聴く耳がありませんが
楽譜に「ペットを聴く」とか細かく書き込みました。

今日はパーカッションの人が見学に来られました。
入って欲しいなぁかわいい

"拍点・デッドポイント"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]