西国三十三所・第14番札所

3ケ寺めは、浜大津の三井寺こと園城寺(おんじょうじ)。
こちらも紅葉の季節に来たことがありますが
かなり広くて、見ごたえがあります。

まずは観音堂で読経。
 IMG_3317.JPG   IMG_3322.JPG

微妙堂では、ご本尊様がご開扉されていました。
右下の写真は、唐院の潅頂堂と三重塔。
 IMG_3331.JPG   IMG_3334.JPG

孔雀は羽を広げてましたぴかぴか(新しい)
弁慶の引摺り鐘、大きい!!!
IMG_3337.JPG IMG_3339.JPG

金堂の裏にひっそりと建っている閼伽井屋の中には、
天智、天武、持統天皇が産湯に用いたという泉が沸いていて
ボコボコと音がしていました。
金堂の正面、三重塔が見える池の石には、味のある文字。
 IMG_3343.JPG   IMG_3352.JPG

IMG_3372.JPG三井寺のご真言は
「おんはんどめい しんたまに じんばら うん」
難しくて、カミカミになってしまいましたたらーっ(汗)

花も雪も紅葉もない季節だったので
日曜日でも、一般の人は少なく、とてものんびり回れました。
ポカポカと参拝日和で「気持ちいいな~」って、
何度つぶやいたか知れません。
癒されました(*´ω`*)ポッ

"西国三十三所・第14番札所"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]