小さな僕たちだけど あの青い空のように 澄みきった心になるように

サヨナライツカ.jpg   0609夕食.JPG

『サヨナライツカ』 辻 仁成  幻冬社文庫

あちゃ~。。。 またやってもーた。
以前に買って読んだ本を、そうとは気づかずに、また買ってしまったよ。
読み始めてすぐに気がついたけど、もったいないので、もう一回読みました。そして、やっぱり最後は泣いたぜ゚(。ノω\。)゚・。

「豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しくくるおしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。」そんな宣伝文句に惹かれて、二度も買ってしまう私って|ω-*)ポッ
「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと、愛したことを思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」
たぶん、辻仁成さんは、この一文を書きたいためだけに、この小説を書いたんちゃうかなぁ。

簡単に言ってしまうと、異国の地バンコクで、日本から婚約者が来るのを待つ間の数ヶ月を、浮気してしまう話やねんけど、それがいつか浮気なんて軽い言葉では片付かない「忘れられない恋」になってしまう。
愛は・・・成就しないからこそ永遠となるのかもしれない・・・ですな。
『忘れられない恋』かぁ~。
みなさんにも、な・い・で・す・か? ふふふ。

晩ご飯は、サーモンのシチューとサラダ。今日はガーリックトーストで食べたんですけど、シチューって、ゴハンで食べるときもありますよね?
そんなとき、ごはんにシチューをかけません???
私は子供のときからの習慣で、カレーと同じように、シチューもかけるんですけど、職場の食堂でソレをやると、いっつも笑われるんですよ~。
みなさん、カレーはゴハンにかけるけど、シチューはゴハンにかけない派ですか?
「いつもブログを見てるけど、コメント入れなくてごめんね~」と言って下さる方々も、今日はコメント入れちゃって下さいね(笑)

"小さな僕たちだけど あの青い空のように 澄みきった心になるように"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]