16分音符の威圧感

日曜日の日記です。

楽団の練習へ。
5月8日に、公民館で演奏会を行うことになりましたので
まずは その打ち合わせ。

合奏は、演奏会で演奏する曲を、数曲。

16分音符が近づいてくると、鼓動が早くなる~たらーっ(汗)

ホルスト1組の第2楽章
低音のド♯から上昇するスケール・・・
普段はほとんど動かしていない右手の小指。
指が つりそうですー。

早い音符が吹けるようになるには
練習あるのみパンチ


備忘録。
先週は、楽器を調整に出しました。
2年ぶりに、全部バラしてもらって、メンテナンス。
出にくくなっていたチューニングのB♭(アルトサックスのソ)より上とか
低音のG(ミ)より下が、出しやすくなりました。

"16分音符の威圧感"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]