こだわりのない無色の宗教観

アジャリ.jpg   0628夕食.JPG

『そうだ!元気をもらいに、山の阿闍梨さまに会いに行こう。』 穐田(アキタ)ミカ  PHP研究所

先輩からお借りした本を読みました。
京都在住のヘアメイク・アーティストである穐田ミカ氏のフォト&エッセー。比叡山のガイド付。
1000日間毎日歩き続け・・・地球一周分(約3万8千km)を歩くという、なんとも過酷な千日回峰の行をへて大阿闍梨(だいあじゃり)になった人は、これまで49人しかいないそうで、この本は、第48代目の大阿闍梨である上原行照様とのエピソードを綴られたもの。阿闍梨さまの写真がねぇ、ほんとに美しい。

比叡山無動寺。私は今年の始めに、比叡山に登りましたが、無動寺というのは、初めて聞きました。
本書で、阿闍梨さまの貴重なお言葉にたくさん触れ、私も会いに行きたくなりました♪
「仏教の教えでは、マイナス思考の事は一つもありませんよぉ」
ものは考えよう。心の持ち方ひとつ。

そんな私は小学生の時に、近くのお寺の日曜学校に毎週通って、お経をあげるのが好きでした。自分ちの宗派とは違うのですが、今でも浄土真宗のお経を耳にすると、一緒に口ずさんでしまいます。宗教賛歌も好きなものが多かった。
「恩徳讃」(如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし~♪)
「三帰依(帰依三宝)」(ブッダーン サラナーン ガッチャーミー♪)
「朝の歌」(あさなあさなに み教えあおぎ きよきつとめに いそしむわれら)

ボーイスカウトのリーダーをやっている関係で、山を歩く機会が、たぶん人よりは多いはず。
比叡山や鞍馬山など、宗教と関係の深い山を歩くと、しんどい中に、何かとても爽快なものを感じ、体も心も軽くなることがあります。特に、下見で小雨が降っているときなど、山はマイナスイオンに満ち溢れています。

今日は朝から、頭が痛くて少し熱っぽく、頭も体もボーッとしていましたが、お昼休憩の時間を、早い時間の人と交代してもらって、頭痛薬を飲みました。おかげで午後は回復。なんだったのかなぁ。二日酔い?(ノω<。)とほほ

晩ご飯は、ハンバーグのトマト煮込み、大根と帆立とワカメの和え物、マカロニサラダでした。カロリー取り過ぎォォォォォΣ(´▽`ノ)ノォォォォォ

追記:長男の親友ギタリスト・Kッシーが、昨夜、1年間のアメリカ留学から帰ってきました。またバンド活動再開です。ライブ情報など、書いていきますので、応援よろしくお願いします(*-ω人)
まだボーカルとドラムが決まってないみたいだけどガンバレ!!!"o(・`ω´・)キュ!

"こだわりのない無色の宗教観"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]