耳を武器に

.jpg 『息を聴け・・・熊本盲学校アンサンブルの挑戦・・・』
 富田篤 新潮社

8人全員が、視覚に障害を持つ盲学校の打楽器メンバーが、2005年全日本アンサンブルコンテスト(大学の部)に初出場し、全国大会で金賞を獲得するまでを描いたノンフィクション。

著者の富田篤氏は、フリー打楽器奏者として、活躍されている方で、当時は20代後半!
盲学校での指導は、全て無報酬のボランティアだったそうです。

後半は、涙・涙・涙。
通勤電車の中で、目を泣き腫らしている私って・・・と思いつつ、やめることができませんでした。

最後に掲載されているアンサンブルの楽譜を見て、心の底から感嘆!!!
特に鍵盤楽器の複雑なメロディ・・・
私は高校の吹奏楽部時代、打楽器の中でも、鍵盤楽器を担当することが多かったのですが、ピアノと違って、打楽器の鍵盤(マリンバ・シロホンなど)は、音階ごとに幅が違うのです。
低音は太く長い。高音は細く短い。
それをほとんど見えない視力で、複雑な音階を叩き出すなんて、まさに神業。

全てを読み終わったあと、あらためて表紙の写真を見て、納得。
ほんとだ。
耳を武器にしてる・・・

テレビでも取り上げられていたそうで・・・見逃してたなぁ。残念。

またまた刺激をいただいて、ますますSAX頑張るよぉ~ん♪

追記:きんかんさん、素晴らしい本をありがとう揺れるハート
今週中に返送いたします。
またオススメがあったら、よろしく(σゝω・)σネッ!!

"耳を武器に"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]