うそつき襦袢・裾よけ作り2

この週末は、茨木と福島のお墓参りに行った以外は
ずーーーっとお針仕事。
うそつき(二部式)襦袢の裾よけを縫ってました。

前回、4枚を縫いつなげて、共布の居敷当てをつけるとこまで縫いましたので
今回は、その続き。

まずは裾の始末。
IMG_1498.jpg
10cm折り返して、三つ折したところを、まつり縫い。

裾の両サイドに、衿をつけます。
IMG_1500.jpg

そして腰の部分には、晒しの布を縫い付けます。
晒しの布・・・妊婦さん用の腹帯を用意しましたd(-ω☆) グッ!!
IMG_1495.jpg

ここを縫うのが、一番 難しかったー。
表にも裏にも、縫い代が出ないように、くるむねん。 
IMG_1501.jpg

晒しの端っこも、左右両端、上の部分、三つ折にして縫います。
IMG_1504.jpg

紐を2本作り、縫い付けます。
紐・・・縫い合わせたものを裏返すのが、めっちゃ大変で
血管が切れそうになりましたあせあせ(飛び散る汗)
IMG_1508.jpg

裾よけ、完成手(チョキ)
IMG_1511.jpg

"うそつき襦袢・裾よけ作り2"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]