ハモれる声

コーラスめっせ.jpgコーラスめっせ2014』in大阪ビジネスパークへ。

各種講習会の開催があり
私は本日10時から1時間の講習会に参加してきました。
講師は、飯沼京子先生。
タイトルは「ハモれる声とは?」

発声練習のあと
先生が準備して下さった資料(楽譜)にそって
ご指導をいただきました。

身体を使った歌い方、息遣い。
瞬時に腹筋を使い、音の出始めから響かせる。

ブレスの仕方。
先生のお手本は、ものすごく早いブレスで、ブレスのあとも、音が変わらない。

そしてハーモニー(合唱)で一番大切なこと
・・・相手(他のパート)の声を聞いて、寄り添うこと。
たとえば、ソプラノとアルトで、ブレスの書かれている位置が違っているところは
どのように歌うべきか。
ソプラノが動いていて、アルトが伸ばしのとき、どのように一音ごとの和音を作るのか。
もっともっと、他のパートの声を聞いて、寄り添わなアカンなぁと思いました。

くわしいことが書けないのが残念ですが
めちゃめちゃ濃いぃ1時間。
飯沼先生、本当に素敵でしたぴかぴか(新しい)

そのあとは用事があったので、少しだけアトリウムでのコンサート観賞。
高校生たちの若くて澄んだ歌声に、心洗われましたるんるん

"ハモれる声"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]