近江商人屋敷めぐり

滋賀県立近代美術館を観たあとは、
東近江市の「てんびんの里 五個荘 近江商人屋敷めぐり」へ。
IMG_0005.jpg

観光センターに車を停め(無料)、MAPをいただいて、ブラブラと。
ゆったりとした静かな街並みに、癒されます。
IMG_4062.jpg

水路をたくさんの錦鯉が泳いでいて、ビックリ!!
IMG_4063.jpg

まずは弘誓寺(ぐぜいじ)へ。
IMG_4070.jpg

本堂(重文)では、国画会会員による「抽象画展」が開催中でした。
IMG_4064.jpg

IMG_4066.jpg

作家・外村繁の生家へ。
(近江商人屋敷を3箇所拝観できるチケット購入@600)
IMG_4107.jpg

門を入ると、川の水を取り入れた川戸と呼ばれる水屋があり、錦鯉が泳いでいます!
IMG_4076.jpg

台所。 かまどって、いいよねぇ。
IMG_4079.jpg

てんびん棒・・・かついでみましたぁ(〃▽〃)
前後の荷は、5kgずつあり、上手にかつぐのは至難の業。
IMG_4085.jpg

お庭には、こんな珍しい陶製の狸。
IMG_4087.jpg
蔵を守ると言われ、また「たぬき=他を抜く」という意味が込められているそうです。

外村繁が小説を書いていた小座敷。
IMG_4094.jpg

こちらは二階の部屋。
IMG_4101.jpg

茶室の天井は、網代(あじろ)天井になっています。
IMG_4102.jpg

次に向かったのは、外村宇兵衛邸。
IMG_4108.jpg
呉服類の販売を中心に、豪商としての地位を築いたお方です。

こちらも門を入ってすぐに、川戸が。
IMG_4109.jpg
なんかこういうの、好きやねん♡

こちらが本家なので、先ほどの外村繁邸よりも天井が高い。
IMG_4112.jpg

この中継ぎの畳は、なんと150年前からのものだそうです。
IMG_4110.jpg

台所も、さっきより明るい。
IMG_4113.jpg

障子には、近江の麻を使った「涼障子」
IMG_4123.jpg

二階のお部屋は、本当に心地いい風が吹き抜けていきます。
IMG_4133.jpg

お庭には、井戸も。
IMG_4121.jpg

蔵には、こんな素敵な雛人形。
IMG_4125.jpg

最後に訪れたのは、中江準五郎邸。
IMG_4154.jpg
朝鮮半島で次々に百貨店を開設し『百貨店王』と呼ばれた三中井一族の末弟中。

こちらは常設で「小幡人形と全国の土人形」が展示されています。
IMG_4138.jpg

こちらのお二階も、ゆったりとくつろげました。
IMG_4151.jpg

東近江市の五個荘あたりは、映画やTVのロケに使われることが多いそうですよ~。

さてさて
相方が、外村宇兵衛邸で購入したのが・・・

きぬがさ焼の開運守護狸!!
IMG_4172.jpg
釉薬のかけ方が、他の狸よりもいいかげんなところが、気に入ったポイントなんだって( *´艸`)

"近江商人屋敷めぐり"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]