夏の永平寺

日帰りで福井に行ってきました。
曹洞宗の大本山・永平寺です(冬に参拝した日記はコチラ)。

石柱の向こうに見える建物は、瑠璃聖宝閣(歴史博物館)
IMG_8211.jpg

参道は、青もみじがいっぱい。 紅葉の季節にまた来たくなりますね。
IMG_8212.jpg

通用門から入ります。
IMG_8258.jpg

雪の季節は、通用門から左に入り、吉祥閣の総受処の前を通って入りましたが
夏は吉祥閣の正面、志納所のところから入ります。
なので、この手水鉢は初めて見ました。
IMG_8216.jpg

鉄筋コンクリート5階建ての傘松閣(研修道場)の、2階にある156畳の大広間。
230枚の花鳥彩色画は圧巻です。
IMG_8219.jpg

回廊には使い込まれた巡照板。
IMG_8225.jpg

山門の下から、中雀門を見上げると、その向こうには仏殿が見えます。
IMG_8226.jpg
この階段は通れません。

山門には、カラフルな四天王が、二体ずつ向かい合って立っています。
IMG_8245.jpg

山門から見える鐘楼。 そのあたりは、立入禁止。
IMG_8227.jpg

中雀門より、山門を見下ろす。
IMG_8230.jpg

僧堂(修行僧の根本道場)の魚鼓、見れました(〃▽〃)
IMG_8232.jpg

永平寺のご本尊、釈迦牟尼仏が祀られている仏殿。
IMG_8243.jpg

仏殿から見下ろした中雀門。 その奥に見える大きな屋根は山門。
IMG_8235.jpg
中雀門、好きやわぁ。。。

道元禅師の御真廟、承陽殿の前の香炉。
IMG_8237.jpg

香炉の土台には、うさぎさん( *´艸`)
IMG_8238.jpg
承陽殿は全体写真が撮れず(^_^;)

一番奥の高いところにある法堂。
IMG_8241.jpg
聖観世音菩薩さまが祀られていて、白に金の派手な狛獅子さんがいました。

永平寺といえば、階段がたくさんあって、いずれもピカピカに磨き上げられていますが
何段かおきに、こんなものがついています。
IMG_8240.jpg
修行僧の方に尋ねると、昔は窓などがなく、雨の水を抜くためについているとのことでした。
壁もなかったってことかな?(中途半端な理解ですいません)

階段を降り、最後は祠堂殿へ。
全国の信徒から納められた位牌などが安置されているところで
入口には大数珠がかけられています。
IMG_8250.jpg
重さは250kgだそうです!

七堂伽藍を出て、参道へ。
こちらは写経を納める報恩塔。
IMG_8252.jpg

通用門横の池には、一葉観音像とカエル。
IMG_8253.jpg

そして美しい勅使門(唐門)と立派な杉の木立。
IMG_8255.jpg

いただいた御朱印です。
IMG.jpg

"夏の永平寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]