四国八十八ヶ所・第10番札所 切幡寺

本日3ヶ寺目は、徳島県阿波市にある第10番札所・得度山 灌頂院 切幡寺
遠くからも山の中腹にある切幡寺大塔が見えます。
IMG_7235.JPG

山門
IMG_7201.JPG
ここからは333段の石段を上がってもいいし
さらに、車で登っていくこともできます。
私たちはもう少し先まで、車で登りました。

手水場
IMG_7205.JPG

鐘楼で鐘を撞き
IMG_7209.JPG

本堂にて読経。
IMG_7218.JPG

本堂は、拝殿土間と本堂と奥殿の三重構造になっており、
横から見ると、かなり奥行きがあります。
IMG_7214.JPG
本堂には大塔の本尊であった大日如来が奉られ、
奥殿に秘仏の千手観音菩薩が祀られているそうです。
ご真言は「おん ばざらたらま きりく」

本堂前の灯籠?
IMG_7207.JPG
鯱がのってます( *´艸`)

大師堂でも読経。
IMG_7232.JPG

本堂の脇には、このようなお堂と
IMG_7211.JPG

ハサミと布を持つ、はたきり観音さま。
IMG_7213.JPG
この観音像には、伝説があります。

修行中の空海(弘法大師様)が、着物がほころびた僧衣を繕うため、機織の娘に継ぎ布を求めたところ、
娘は織りかけの布を惜しげもなく切りさいて差し出した。
これに感激した空海が娘の願いを聞くと、父母の供養のため千手観音を彫ってほしいとのことであった。
そこで、その場で千手観世音菩薩像を刻んで娘を得度させ、灌頂を授けたところ、娘はたちまち即身成仏して千手観音の姿になったという。(Wikipediaより)


本堂より石段を登ると、不動堂があり
IMG_7229.JPG

さらに登ると、切幡大塔(重文)があります。
IMG_7227.JPG
国内の二重塔で、初層も二層も方形という形式で現存しているものは唯一だそうです!

ここから見る景色がとてもきれいでした♪
IMG_7225.JPG

納経所と
IMG_7233.JPG

いただいたご朱印です。
IMG_0010.jpg

"四国八十八ヶ所・第10番札所 切幡寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]