カマドの神様・荒神さん

宝塚市にあります清荒神清澄寺へ。
去年のお正月は、1月7日に参拝しているのですが、日記を書き忘れたようで(^_^;)
2015年の日記はコチラ、2013年の日記はコチラです。

山門
IMG_8512.JPG
お正月より少し遅れたにもかかわらず、たくさんの人で賑わっています。

手水場
IMG_8515.JPG

鳥居の手前には、宝珠を持った布袋さん(?)が両脇に。
IMG_8519.JPG

鳥居をくぐって・・・
IMG_8520.JPG
もしかしたらここで左に進めば、鐘楼に行けたのかもしれません。
その時は気づきませんでした (lll-ω-)ズーン

天堂(拝殿)へ。
IMG_8522.JPG
三宝荒神王さま、大聖歓喜天さま、十一面観世音菩薩さまなどが祀られています。
こちらの参拝の仕方は独特で、「一礼 三拍手 一礼」
三拍手するのは、「仏・法・僧」の三宝に帰依するという意味だそうです。

帰ってから分かったのですが、御祈祷の受付や御守などを販売している「眷属堂」には、
布袋尊が祀られていたんですねぇ~。
何度も行っているのに、気が付きませんでした。

天堂の奥には、護法堂(本社)。
IMG_8529.JPG
大勝金剛転輪王さま(如来荒神)、歓喜童子さま、弁才天さまがお祀りされています。

護法堂の背後には「荒神影向(こうじんようごう)の榊」
IMG_8525.JPG
こちらに供えられていた5円玉をいただいて、帰ってから白い紙に包み
お財布に入れました。
こうすると、小遣い銭に苦労しないそうです。
次に参拝するときに、倍返しにするという風習があるので、来年は10円をお返ししなくちゃ。

眼神祠
IMG_8527.JPG

めちゃ立派な納札所
IMG_8531.JPG
1年のお礼を兼ねて、お札を返しに来るところです。

火箸納所
IMG_8533.JPG
厄年にお祀りしていた厄除け火箸を、厄が明けた年の節分以降に納める所です。

神変大菩薩(行者洞)
IMG_8536.JPG
役行者が祀られています。

拝殿などのあるエリアから本堂へ向かう階段の途中に
宝稲神社があります。
IMG_8540.JPG

そして本堂。
IMG_8565.JPG
本堂・霊牌堂と練行堂の三棟からなっていて
大日如来さま、不動明王さま、弘法大師が祀られています。

いつも行列ができている賓頭盧さん。
IMG_8547.JPG
今回はがんばって並びました。

本堂前の階段下には、池泉回遊式庭園が広がっています。
IMG_8549.JPG

本堂から鉄斎美術館の方へ向かうと、さらに奥に「龍王滝」があり
IMG_8556.JPG

滝の正面左側の岩肌に、不動明王さまが祀られています。
IMG_8560.JPG
写真をよーく見ていただいたら、わかると思います。

宗務所と寺務所に飾られていたお花がきれいでした。
IMG_8562.JPG

IMG_8564.JPG

護牛神堂
IMG_8574.JPG
本尊は「牛頭天王(ごずてんのう)」様で、弘法大師さまと不動明王さまも一緒に祀られています。

修行大師像
IMG_8575.JPG

売店がきれいに建て替えられていました!
IMG_8513.JPG

ご朱印は本堂の隣でいただきました。
IMG1.jpg

荒神さんのお楽しみ♪
参道の露店では、わかさぎの天ぷらと
IMG_8578.JPG

清荒神名物・鹿野さんの明石焼きを食べました。
IMG_8590.JPG
どちらもめちゃ美味し~い!!

そして忘れてはいけないのが、池田竹産店の・・・
白蛇のおもち丸くん♡ (ちょっとピンボケ泣)
IMG_8588.JPG
なんとパパになったそうです!
ママのちまきちゃんは店頭付近、おもち丸くんと3匹のベビーは
レジの近くにいました。 癒されました。。。

もう一つ忘れてはいけないのが、清荒神駅近くの「さん志ょうや本家」の青実さんしょう♡
IMG_0030.JPG
結婚してすぐの頃(30年前!)、相方の実家で初めて食べたときは
舌がピリピリして、何が美味しいのか全然わからなかったのですが
今ではすっかりトリコになって、毎朝ごはん(お粥)のお供になっています(〃▽〃)

"カマドの神様・荒神さん"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]