国宝・善福院釈迦堂

長保寺の次は、同じ海南市の宝遊山・善福院へ。
IMG_8812.JPG

屋根瓦に書かれているように
IMG_8822.JPG
廣福禅寺の5箇院の一つとして建立された善福院。
今ではこの釈迦堂(国宝)のみが、残存しています。
国宝の建造物は、現時点で日本に223しかありません。
専門的なことはわかりませんが、国宝のものを見ると、やはり何か違うものを感じます。

IMG_8821.JPG

鍵がかかっているので、中は見れないのか・・・と消沈していると
すぐ近くで洗車をしていた方が、声をかけて下さって
中に入らせていただくことができ(拝観料・200円)
お寺の歴史から、建造物の説明まで、とてもくわしく説明をしていただきました。

外から見ると2階建てですが、下の屋根は大きな裳階(もこし)でした。
中央には、釈迦如来様が安置されています。

禅寺でよくみかける礎盤上に立つ柱
IMG_8817.JPG
床に敷かれた瓦が平行に並んでいるのも、珍しいそうです。

堂内四隅には火打梁(ひうちばり)があります。
IMG_8818.JPG
これは、こちらと広島県の安国寺にしかないものだとか。

このナミナミのん・・・説明していただいたのに、忘れてしまいました(ノ∀`*)ペチョン
ごめんなさい!
IMG_8819.JPG

いただいたご朱印です。
002.jpg

"国宝・善福院釈迦堂"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]