聖徳太子の乳母が眠る西方院

大阪府太子町の叡福寺から、道路を隔てた向かい側にある新西国霊場第8番・河内西国霊場第3番札所の南向山 西方院へ。
IMG_7239.JPG

かなり急な石段を登った先に、赤い門があり
IMG_7240.JPG

赤い門を入った右手に山門
IMG_7243.JPG

こじんまりとした境内は、とてもきれいに整えられて
まるで境内全体がお庭のようです。
IMG_7258.JPG

鐘楼堂
IMG_7252.JPG
梵鐘は「引導鐘」と呼ばれ、極楽浄土へお送りする鐘として、納骨時に撞かれるそうです。

近づいて見ると、今まで見たことがないような形状になっています。
IMG_7245.JPG

本堂
IMG_7254.JPG

切子灯籠かせ吊るされています。
石川県でよく似たものを拝見したのを思い出しました。
盂蘭盆会が過ぎても飾るのかな?
IMG_7248.JPG
本堂内に入らせていただきました。
ご本尊は聖徳太子作と伝わる阿弥陀如来さま。
三尼公木像、聖徳太子の二歳像も安置されています。

観音堂
IMG_7246.JPG

IMG_7257.JPG
ご本尊は十一面観音菩薩さま。
天井には雲龍図。

本堂に向かって左手にある納骨堂
IMG_7253.JPG
聖徳太子の御遺髪が納められているそうです。

帰ってから調べてわかったのですが
境内の南側に塀を隔てて墓地があり、その墓地の中に
「三尼公廟所」が建てられているそうです。
予習が必要だと痛感…(^_^;)

三尼公というのは、善信尼、禅蔵尼、恵善尼という聖徳太子の3人の乳母のこと。
聖徳太子様が亡くなられた後に出家され、太子の御廟前に一宇を建立されたのが西方院の始まりだそうです。

いただいたご朱印です。
IMG_20180818_0007.jpg

おまけ。
太子町の飛び出しボウヤは、聖徳太子さま!
絶大な効果がありそうですね(*´艸`*)
IMG_7261.JPG

"聖徳太子の乳母が眠る西方院"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]