本堂は茅葺屋根・禅定寺

京都府宇治田原町の白華補陀落山 観音妙智院 禅定寺へ。
現在は曹洞宗のお寺ですが、もともとは天台宗だったそうです。

石段を上り
IMG_7550.JPG

壱の門をくぐると
IMG_7551.JPG

まずは左側に、宝物殿があるのですが、そちらは最後に拝観させていただくとして
金剛力士像と大きなワラジが奉納された仁王門
IMG_7607.JPG

五輪塔
IMG_7558-2.JPG

手水場
IMG_7559.JPG

庫裡にて拝観料@500をお納めし、鐘楼をついて
IMG_7565.JPG

茅葺き屋根の本堂へ。
屋根に点々と光っているのは、アワビの貝殻。鳥よけと厄除けを兼ねるそうです。
IMG_7562.JPG
内陣の中央、須弥壇には釈迦如来様が祀られていました。
右側には、不動明王様と二人の童子(セイタカさんとコンガラさん)。
左側にも仏像がありましたが、どなただったのか・・・

本堂の奥に、お庭があり
IMG_7577.JPG

庭の手前には、大名駕籠や囲炉裏道具
IMG_7574.JPG

火鉢と自在鉤などが置かれていました。
IMG_7573.JPG

長押の上に・・・
IMG_7578.JPG

本堂の廊下のガラスは、一部がすりガラスになっており
左の四角が「彼岸・迷いの窓」、右の丸が「此岸・悟りの窓」
IMG_7580.JPG

本堂裏の防災壁には、「大涅槃図」が描かれています。
IMG_7581.JPG
1999年に開創一千年を記念して製作されたもので、横45m×縦8m。

本堂と観音堂の間、壁に埋まるようなところに、賓頭盧さんがおられました。
IMG_7589.JPG

IMG_7588.JPG

観音堂(円通閣)
IMG_7605.JPG

IMG_7590.JPG

天蓋の中央に、龍。
IMG_7593.JPG
十一面観音様は、収蔵庫に安置されているため、中央は何か抜けた印象です。
右側には大きな地蔵菩薩坐像、左側には大日如来様と金箔がめくれかけたままの薬師如来様。
あとは端の方に、小さな仏像が何体か。

十八善神堂
IMG_7597.JPG
囲いの中は、中央に社、その両脇に祠があります。
縁結びの守護神が祀られているそうです。

弁財天堂
IMG_7563.JPG

最後に宝物殿へ。
IMG_7553.JPG

一歩入って、思わず声が出ました。
こちらは重要文化財の仏様が、手で触れたくなるような位置に、安置されています。

以下は、全て藤原時代の作で重文。(禅定寺のHPで、そのお姿を見ることができます)
正面にご本尊の十一面観音立像(像高286cm)と、脇侍に日光・月光菩薩様。
両側には躍動感にあふれる四天王立像、地蔵菩薩半跏像、文殊菩薩騎獅像など。

地蔵菩薩様は左足を踏み下げた珍しいお姿。
文殊菩薩様は、獅子の上に蓮の台座を置き、その上に右足を踏み下げて座っておられます。
この獅子が、獅子らしくないというか、なんだかかわいいのです♡
またこの文殊さんに会いに来たい。。。

いただいたご朱印です。
IMG_20180819_0002.jpg

"本堂は茅葺屋根・禅定寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]