三重県初の国宝建造物・専修寺

三重県津市の高田山 専修寺(せんじゅじ)へ。
このあたりでは「高田本山」と呼ばれているそうです。

山門(重文)
IMG_7861.JPG
広い境内に大きなお堂が二つあり、京都の東西本願寺を思い出しました。

境内案内図
IMG_7860.JPG

手水場
IMG_7865.JPG

鐘楼(重文)
IMG_7871.JPG

御影堂の前の燈籠
IMG_7930.JPG

山門を入った正面に、御影堂(国宝)
IMG_7867.JPG
全国の現存木造建築の中でも5番目の大きなお堂です。

台風21号の影響で、銅製の雨どいが1本が外れ、折れ曲がっていました 。。。
IMG_7904.JPG

堂内は商用でなければ、写真撮影も可能とのこと。
IMG_7916.JPG
豪奢な須弥壇の中央に親鸞聖人が祀られています。

天井画がきれい♡
IMG_7919.JPG
詰組なども色鮮やかです。

通天橋(重文)を通って
IMG_7908.JPG

IMG_7923.JPG

本堂・如来堂(国宝)へ。
IMG_7860.JPG
こちらの内部も写真撮影可でしたが、お寺の方が団体さんにお話をされていたので自粛。

IMG_7922.JPG
「証拠の如来」と呼ばれる伝・快慶作の阿弥陀如来様(重文)が安置されていました。

如来堂の左隣に、太子堂
IMG_7914.JPG

如来堂の正面に、唐門(重文)
IMG_7850.JPG

IMG_7855.JPG

唐門の近くにも手水場がありました。
IMG_7857.JPG

茶所・進納所(重文)
IMG_7870.JPG
お茶のご接待をいただきました。

IMG_7928.JPG

鐘楼の奥に進むと藤棚があり、その隣では倒れかけた百日紅の木にロープをくくりつけ、
トラックで引っ張り起こす作業をされている方たちが。
IMG_7884.JPG
こちらも台風の影響なんですね。。。

婦人会館
IMG_7882.JPG

食堂
IMG_7883.JPG

太鼓門(重文)
IMG_7880.JPG
最上階に、太鼓が吊り下げられているそうです。

御対面所(重文)
IMG_7886.JPG

あぁ・・・こちらも。
IMG_7887.JPG

IMG_7889.JPG

長い廊下は、御影堂まで続いています。
IMG_7894.JPG

大玄関(重文)
IMG_7900.JPG

安楽庵の茶席と庭園、宝物館の拝観は、事前予約が必要なため断念。

如来堂の西側に、小さな石橋があり、渡った向こう側に御廟拝堂があります。
御廟唐門及び透塀(重文)
IMG_7933.JPG

IMG_7939.JPG

御廟拝堂(重文)
IMG_7945.JPG

御廟
IMG_7942.JPG

納骨堂へ向かう門をくぐると
IMG_7948.JPG

森のように木が生い茂り、大きな池がありました。
IMG_7946.JPG

いただいたご朱印です。
IMG_20180908_0004.jpg

おまけ。
お寺を出ると、ちょうど11時。
唐門の真ん前にある手作り惣菜の店 ぼんぼりへ。
IMG_1991.JPG

総菜の量り売りのお店ですが、イートインもできます。
昨日、TVで紹介されたそうで、開店の11時には行列ができていました。
思わずバイキングと間違えて、たくさん盛り付けそうになってしまいますが
量り売りなので、食べ過ぎを防げるのがいいですね!
煮魚や野菜料理が美味しく、私は小さなサイズのトンカツが嬉しかったです!
これだけ食べて、千円でお釣りがきました(〃▽〃)
IMG_1990.JPG

"三重県初の国宝建造物・専修寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]