錦帯橋とシロヘビの館

山口県岩国市の、錦帯橋へ♪

007 錦帯橋.JPG

なんと木造の橋が、5つ連なっているんですねぇ!!
両端の2つは、反りを持った桁橋構造。
中央の3つは、迫持式(せりもちしき)といわれるアーチ構造。

下から見上げると、ものすごい迫力です!
008.JPG

IMG_8443.JPG

橋を往復するには、300円を納めます。
IMG_8440.JPG

IMG_8418.JPG

全長193.33m。
上り下りは足元をしっかり見ていないと、薄い階段を踏み外しそうになります。
土台はマツとケヤキ、手すりはヒノキ、橋杭はヒバなど、
6種類の木材が使われているそうです。

橋の向こう側は城下町で、岩国城へと続くロープウェイ乗り場や、吉香神社(重文)などがあり、いつかまたゆっくり行ってみたいなぁ。
今回は、自由昼食の時間も込みで1時間15分の、駆け足の散策となりました。

吉香公園内にある「実験橋」
IMG_8426.JPG
しっかり渡ってきました。

錦帯橋の橋板と橋板の継目を埋めるシーリング材を実験するという目的で、5年間ほど実験を行い、錦帯橋の次架替工事(平成33年度~平成35年度)に反映されるそうです。
IMG_8427.JPG

岩国シロヘビの館@200へ。
009 シロヘビの館.JPG

白蛇だけに特化したミュージアムって、日本全国でもココだけでしょうねぇ。
資料や模型の展示と、展示ケースにはシロヘビ(国の天然記念物)が数匹、ニョロニョロと。
IMG_8436.JPG
開運・金運のご利益があるそうですよ♡

こちらは、旧目加田家住宅(重文)
IMG_8428.JPG

18世紀中頃と見られる中級武家屋敷の数少ない遺構。
IMG_8439.JPG

時間の都合で、中には入らず(拝観は無料)。
IMG_8437.JPG

次の目的地、山口市内に移動でーす。

バス車内から見えた 岩国城。
IMG_2323.JPG

"錦帯橋とシロヘビの館"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]