曹洞宗初開道場・興聖寺

宇治市にある日本曹洞宗最初の寺院・佛徳山 興聖寺(こうしょうじ)へ。
これまでの参拝は、2010年10月と、2011年8月です。

石門(総門)
IMG_0142.JPG
ここから200mほど、「琴坂」と呼ばれる緩やかな坂を上ります。

山門(竜宮門)
IMG_0143.JPG
楼上に釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されているそうです。

山門をくぐると正面には薬医門と薬医門前庭
IMG_0208.JPG

境内図です(パンフレットより拝借)
IMG_20181117_0001.jpg

手水場には水がありませんでした。
IMG_0207.JPG

鐘楼で鐘を撞きました。
IMG_0148.JPG

このあたりの苔がかわいい♡
IMG_0151.JPG

鎮守社は八角形の秋葉権現社。
IMG_0146.JPG
とても珍しいですね!

鎮守社の向こうに衆寮
IMG_0147.JPG

庫裡に入ると・・・
IMG_0149.JPG
拝観料と駐車場代を納める自販機がありました!
自販機にて拝観料@300円を納め、受付におられる方に
駐車場代が必要なのか尋ねると、参拝者は無料。
ここに停めて別の場所に行かれる方は500円とのことでした。

お茶のお接待をいただきました。
IMG_0153.JPG
受付の方によると、このお寺はどこもかしこも写真撮影OKだそうです♪

奥の台所。今でも竈は使われているのでしょうか?
IMG_0203.JPG

雲板
IMG_0155.JPG
庫裡(食堂)に掲げられる雲板は「ごはん出来たよ~!」って合図するものですね。

庫裡から見た僧堂と、本堂前庭。
IMG_0161.JPG

方丈と大書院のあいだにある小滝の流れる内庭
IMG_0162.JPG

法堂(本堂)と前庭
IMG_0201.JPG

別の角度から
IMG_0193.JPG
道元禅師作と伝わる釈迦三尊像が祀られています。
本堂の廊下は鶯張りで、歩くとキュッキュッと鳴りました。
血天井は見落としましたΣ(゚д゚lll)ガーン

法堂を出て回廊を通り、老梅庵(開山堂)へ。
IMG_0190.JPG
等身大の宗祖・道元禅師が祀られています。

木魚の台が素敵♡
IMG_0177.JPG

法堂から天竺殿に行くあいだにある知祠堂には、
IMG_0181.JPG
聖観音菩薩立像が安置されていました。
『手習の杜』に安置されていたため、「手習観音」と呼ばれているそうです。

衆生の困苦を救いに駆け付けるため、右足が少し浮いています。
IMG_0182.JPG

一番高いところに「天竺殿」があります。
IMG_0178.JPG

IMG_0188.JPG
永井尚政一族の像などが安置されていました。

僧堂へ向かう途中、回廊の壁に三面大黒尊が。
IMG_0192.JPG
右面は弁財天、左面は毘沙門天。

僧堂へ
IMG_0194.JPG

祀られているのは、獅子の上に横向きに座られた文殊菩薩様。
IMG_0196.JPG

床は瓦の「四半敷」
IMG_0195.JPG
毎月第1・第3日曜日の午前9時から、座禅体験が行われているそうです。
事前予約@1000円
参加してみたいな。。。

僧堂を出たところにある開版(魚梆)。
IMG_0199.JPG
めっちゃ使い込まれてますね~!

いただいた御朱印です。承陽大師は道元さんの大師号。
IMG_20181104_0001.jpg

本日の歩数 13797歩・歩いた距離 9.3km・上った階数 9階

"曹洞宗初開道場・興聖寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]