国宝級のみごたえ・松山城

現存12天守の一つ、金亀城こと松山城へ。
天守を含む21棟の建造物が重要文化財の指定を受けています。
ロープウェイ乗り場にて、往復券(リフトも可)+鑑賞券@1020を購入。
ロープウェイの始発(8時半)に乗って行きました。

登り石垣、めっちゃ高いですね~。
1.太鼓櫓.JPG
石垣の上は、太鼓櫓。

戸無門(重文)をくぐって、本丸へ向かいます。
2.戸無門(重文).JPG

戸無門を内側から。
3.戸無門・内側.JPG

筒井門と
4.筒井門.JPG

隠門(重文)
5.隠門(重文).JPG

隠門続櫓(重文)
6.隠門続櫓(重文).JPG

太鼓門南続櫓と巽櫓
7.太鼓門南続櫓と巽櫓.JPG

太鼓門
8.太鼓門.JPG

太鼓門の内側
8.太鼓門・内側.JPG

太鼓門をくぐると、広い本丸に出ます。
井戸
10.井戸.JPG

このあたりから眺める、大天守と小天守が、いいですね~♪
11.小天守と大天守(重文).JPG

天守に入れるのは、9時からですが、本丸広場は朝の5時半(4月~10月は5時から)から入れます。
先に天守の外周を巡ることにしました。
紫竹門(重文)から入ります。
11.紫竹門(重文).JPG

紫竹門西塀(重文)
12.紫竹門西塀(重文).JPG

乾門と乾櫓(重文)
13.乾門と乾櫓(重文).JPG

日本で唯一現存している望楼型二重櫓である野原櫓(重文)
14.野原櫓(重文).JPG

南隅櫓・十間廊下・北隅櫓
15.南隅櫓・十間廊下・北隅櫓.JPG

艮門と艮門東続櫓
16.艮門と艮門東続櫓.JPG

そうこうしているうちに、天守開門の9時が近づき、アナウンスが流れました。
土日祝の朝は、登城太鼓というのが聞けるとのことで
一ノ門に向かうと、登城太鼓が打ち鳴らされ、開門の合図とともに、先頭に並んでいる観客たちが門を押して開けました! 
早起きは三文の徳ってやつですねd(-ω☆) グッ!!
17.一ノ門(重文).JPG

一ノ門から見上げた大天守(重文)
18.天守(重文).JPG

一ノ門南櫓(重文)と一ノ門東塀(重文)
この中に和太鼓が置かれていて、ここで太鼓が打ち鳴らされていたそうです。
19.一ノ門南櫓(重文)と一ノ門東塀(重文).JPG

二ノ門(重文)
20.二ノ門(重文).JPG

二の門を入ってまっすぐ行くと、天神櫓
22.天神櫓.JPG

三ノ門(重文)
21.三ノ門(重文).JPG

筋鉄門と筋鉄門東塀(重文)
25.筋鉄門と筋鉄門東塀(重文).JPG

玄関・玄関多聞・内門
26.玄関・玄関多聞・内門.JPG

穴藏(重文)より大天守の中へ
28.大天守へ・穴蔵(重文).JPG

刀の重さ体験や
29.刀の重さ体験.JPG
想像していたより軽いかも・・・

火縄銃コーナーがありました。
30.火縄銃コーナー.JPG

IMG_1049.JPG

久松家の星梅鉢紋と、松平家の三つ葉葵紋が。
IMG_1050.JPG

IMG_1066.JPG

甲冑試着コーナーがありました。
IMG_1060.JPG

上棟式に使用された弓矢
IMG_1058.JPG

最上階には、なんと床の間が!!
IMG_1074.JPG
どうやら畳敷きだったようです。
お城としては、大変珍しいのでは・・・

最上階から見下ろすと、たくさんの櫓などが見えました。
IMG_1075.JPG

仕切門(重文)から出ました。
23.仕切門(重文).JPG

帰りは、リフトで降りました。
すぐ隣をロープウェイが登っていきます。
IMG_1080.JPG

二之丸史跡庭園は、時間の都合であきらめました。
後ろ髪ひかれつつ・・・


ところで
現存天守12城のうち、姫路城・松本城・彦根城・犬山城・松江城は国宝に指定されています。
松山城はなぜ国宝じゃないのか??と、気になりました。
調べてみると、火事で焼け落ち再建されたために築年数が浅いことと
建造時に五層だった天守が、三層に改築されていることが原因のようです。
国宝指定の5城は、天守の建造が1594年~1611年なんですね。
松山城は1854年の再建。
でも! 
とっても素晴らしいお城なので、愛媛のみなさん、もっともっと自慢していいと思いま~す♪

"国宝級のみごたえ・松山城"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]