五百羅漢さんがいっぱい・方広寺(浜松)

静岡県の伊豆から150kmほど西へ移動し、浜松市の方広寺こと、深奥山 方広萬寿禅寺へ。
三重塔近くの駐車場に車を停め、拝観受付へ。
方向寺のみの拝観は400円ですが、竜ヶ岩洞(1000円)も拝観できるセット券@1000円を購入しました。

駐車場から、2分ほど坂を下る途中、広い境内が見えます。
IMG_7095.JPG

七尊堂(重文)
IMG_7100.JPG
七尊菩薩を合祀した鎮守堂です。

手水場
IMG_7104.JPG

ここからさらに10分ほど坂道を下り、黒門から入りなおしました。
IMG_7133.JPG

弁天堂
IMG_7134.JPG

赤門
IMG_7136.JPG

「らかん坂」を上っていきます。
名前の通り、五百羅漢さんが、あちらこちらに。
IMG_7146.JPG

IMG_7127.JPG

なんともいえない いいお顔(〃▽〃)
IMG_7153.JPG

延命半僧杉
IMG_7143.JPG
1881年、奥山大火の後、幹の中が炭化したまま再生し、130年以上生き続けた大杉の切り株です。

奥山大権現の鳥居
IMG_7147.JPG

椎河大龍王堂
IMG_7150.JPG

赤い亀背橋を渡ります。
IMG_7209.JPG

IMG_7118.JPG

IMG_7119.JPG

大庫裡の受付に御朱印帳を預け、玄関から入ります。
IMG_7157.JPG

宝物の展示がありました。
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のロケ地となったことを記念した展示物や
七宝焼の壺などが展示されていました。
木喰上人作の吉祥天様・准胝観音様・子安地蔵菩薩様が安置されています。
なんともいえない優しい独特の表情が魅力的です!
千利休像、聖徳太子様2歳像なども。

大本堂内へ。
IMG_7098.JPG
間口32m・奥行き27mのとても大きなお堂です。 

IMG_7199.JPG

須弥壇中央に祀られた釈迦三尊像(重文)が素晴らしいです。
蓮の台座に座られた釈迦如来様は、宝冠をかぶられた珍しい御姿。
脇侍は、文殊菩薩様と普賢菩薩様。
ライトアップされ、黄金に輝いておられます。
お釈迦様の胎内銘には院派の「法橋院遵・法眼院廣・法印院吉」の仏師名が残されているそうです。

修復されたときの図解や、写真などが展示されていました。
IMG_7166.JPG

IMG_7165.JPG

本堂の西側にある勅使玄関
IMG_7211.JPG

本堂から渡り廊下を通って、それぞれのお堂に行くことができます。
観音堂
IMG_7201.JPG

勅使門と
IMG_7206.JPG

その奥にある開山堂
IMG_7200.JPG

開山堂を後方から撮影。
IMG_7181.JPG

静岡ディスティネーションキャンペーンの一環として、2019年6月30日まで特別公開中です。
IMG_7191.JPG

外陣は禅宗様の瓦の四半敷で、左右に十六羅漢様。
内陣のさらに奥に、開山の円明大師像が祀られているのが拝顔できました。

渡り廊下の天井に、十二神将様(〃▽〃)
IMG_7174.JPG

方広寺の鎮守・奥山半僧坊真殿へ。
IMG_7107.JPG

工匠岩五郎作の昇龍降龍の彫刻がすごいです!!
IMG_7111.JPG

IMG_7115.JPG

外陣の様子
IMG_7178.JPG

縁結びの大黒天さま
IMG_7179.JPG

内陣には半僧様が祀られていて、15年に一度御開帳されるそうで、前回は平成25年。
ご神体の奥山半僧坊大権現とは・・・僧侶型鼻高天狗のことだそうです。
お参りの仕方は下記のとおり。
 一礼(三拝)
 御真言「おんなんのう ちりちり そわか」を3回以上唱えて祈願
 二拍手
 一礼

方広寺本堂まで戻り、裏の階段を上りました。
IMG_7183.JPG
ここにも五百羅漢さんがたくさん!

涅槃の庭・・・これはわかりやすい!
IMG_7188.JPG
後方には沙羅の木。

上天台舎利殿
IMG_7189.JPG

駐車場まで戻り、三重塔へ。
IMG_7214.JPG
「倒産よけの塔」と言われているそうなので、しっかり祈願しました。

いただいた御朱印です。
IMG_20190429_0004.jpg

"五百羅漢さんがいっぱい・方広寺(浜松)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]