四国巡礼お礼参り・高野山(大門・壇上伽藍)

1週間前に結願した四国霊場の巡礼。
さっそくお礼参りで世界遺産・高野山 総本山 金剛峯寺へ。

高野山という名前の山はなく、1,000m級の8つの峰々に囲まれた標高約800mの平坦地(気温は大阪よりだいたい6度低い)のことで、「一山境内地」(高野山全体が総本山金剛峯寺の境内地)と言われています。
平安時代に空海さんが嵯峨天皇に願い出て、真言密教の修行道場を開設したのが始まりで、空海さんが入定された奥之院では、今も1日に2回(朝の6時と10時半)食事が運ばれ供えられています。
四国霊場を巡ることは、空海さんの足跡を辿るということなので、無事に結願出来た報告をしに、高野山へお礼参りをする習わしがあります。

私が初めて高野山に行ったのは、まだ全く空海さんを意識していなかった2011年8月、壇上伽藍でのゴスペラーズのコンサートでした。
それ以来、ほぼ毎年・・・今回で10度目、1年ぶり(前回は2019年11月)の高野山です。

高野山の西の端にある、大門(重文)
IMG_8589.JPG

ここ数年は、大門から一気に4kmほど、東の端にある奥之院へまず向かっていたのですが、
今回は本来の参拝順序どおり、西から順番に巡ることにして、お大師様が真っ先に塔や堂宇を建立された壇上伽藍へ。

中門
IMG_8593.JPG

灯籠の上に五鈷杵( *´艸`)
IMG_8631.JPG

高野山の総本堂・金堂(内拝料@500円)
IMG_8597.JPG
某Rクラブというところが、ポリオ根絶と新型コロナ終息の祈願法要というのを行う準備をされていて、
堂内の向かって左半分しか拝見できませんでした (lll-ω-)ズーン
御本尊は秘仏の薬師如来様(像容は阿閦如来)。
金剛王菩薩・降三世明王・虚空蔵菩薩・普賢延命菩薩・不動明王・金剛薩埵様が周りに。

御社(重文)
IMG_8604.JPG

西塔
IMG_8607.JPG
ガラス越しに、金剛界の大日如来様と胎蔵界の四仏(宝幢・開敷華王・無量寿・天鼓雷音如来)が拝顔できます。

御影堂
IMG_8614.JPG
お大師様と十大弟子像が安置されています。

根本大塔(内拝料@500円)
IMG_0034.JPG
丈六の胎蔵界の大日如来様と、金剛界の四仏(阿閦・宝生・無量寿・不空成就如来)を間近で拝顔することができます。
16本の柱には十六大菩薩、壁面には真言八祖が堂本印象により描かれています。

大塔の鐘
IMG_8615.JPG
タイミングよく、お坊さんが梵鐘を撞く・・・というか、撞木(しゅもく)につながったロープを全身を使って引き、鳴らされていました。
かなり迫力があるので、動画を撮っている人がたくさん。

不動堂(国宝)
IMG_8626.JPG

三昧堂
IMG_8623.JPG
もと東南院にあったものを、西行法師がこの地に移したそうです。
金剛界の大日如来様が祀られています。

東塔
IMG_8625.JPG
尊勝仏頂尊・不動明王・降三世明王を安置。

六角経蔵・山王院(御社の拝殿)・孔雀堂・准胝堂・愛染堂・大会堂などについては、2019年1月の日記をどうぞ。

いったんお昼休憩。

"四国巡礼お礼参り・高野山(大門・壇上伽藍)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]