不断桜を見逃した実光院

京都市左京区大原の、三千院の前を通り過ぎ、末明橋を渡り、
IMG_0012.JPG

魚山 大原寺 実光院へ。
参道のつきあたりにある勝林院の子院です。
IMG_0014.JPG

IMG_0038.JPG

IMG_0015.JPG

拝観料@500円を納め、客殿へ。
IMG_0030.JPG

床の間に向かって左側が仏間になっていて、
色鮮やかな美しい地蔵菩薩坐像、脇侍に不動明王立像と毘沙門天立像などが祀られています。
IMG_0017.JPG

声明の研究の為に歴代のご住職が収集されたという楽器が展示されていました。
実際に音を鳴らすことが可能です。
編鐘
IMG_0016.JPG

磬石
IMG_0022.JPG

欄間には狩野派の絵師による『三十六詩仙』が描かれていました。
IMG_0021 (2).JPG

客殿の南側に広がる契心園
IMG_0019.JPG

茶菓料@300円にて、お茶と八ッ橋饅頭をいただきました。
IMG_0023 (2).JPG

スリッパを貸していただき、客殿の西側に広がる回遊式の旧理覚院庭園へ。
IMG_0035.JPG

IMG_0026.JPG

水掛地蔵尊
IMG_0028.JPG

心字池
IMG_0029.JPG

うーん。
あとで気づいたのですが、恐らくこのあたりに不断桜が咲いていたのでしょう。
足元ばかり見ていて、見逃してしまいました (lll-ω-)ズーン

IMG_0031.JPG

IMG_0033.JPG

茶室「理覚庵」
IMG_0025.JPG

いただいた御朱印です。
IMG_20210102_0004-2.jpg

本年1月4日〜11日の期間は、拝観を休止されるそうです。

"不断桜を見逃した実光院"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]