ツキノワグマに会える寺・高代寺

大阪府豊能町の、七寶山 高代寺(こうだいじ)へ。
宗派:真言宗御室派
空海が草庵を建てたのが始まりとされ、源満仲公が父の菩提を弔うために建立されました。

車1台がギリギリ通れる道を進んでいきます。
IMG_3112.JPG
対向車が来ないかと不安でしたが、帰りは別の道を下るように案内があったので、一方通行になっていたのでした。

空海がみつけたとされる「閼伽井の御神泉」
IMG_3158.JPG

駐車場@500円に車を停め、少し歩くと
IMG_3116.JPG

良寛の歌碑
IMG_3122.JPG
『津の国の 高野の奥の 古寺に 杉のしずくを 聞きあかしつつ』

六宮権現 
IMG_3124.JPG

熊が気になりますが、
IMG_3117.JPG

まずは鐘楼で梵鐘を撞き、
IMG_3123.JPG

本堂へ向かいます。
IMG_3119.JPG

石段の下に、地蔵尊
IMG_3145.JPG

石段の途中に「吉川高代寺宝篋印塔」
IMG_3144.JPG

推定樹齢1050年の無患子(ムクロジ)と
IMG_3126.JPG

菩提樹
IMG_3127.JPG

やすらぎの納骨堂
IMG_3129.JPG

本堂(薬師堂)
IMG_3137.JPG

IMG_3138.JPG

扉に手をかけると開いたので、内陣に入らせていただきました。
中央の須弥壇に、御本尊の薬師瑠璃光如来座像と日光・月光菩薩立像が祀られています。
左右の脇壇には、6躯ずつ十二神将さん。
向かって左の壁面に閻魔大王などの十王、右の壁面に寛空僧正像と弘法大師像が祀られています。

聖天堂(不動堂)
IMG_3139.JPG

こちらも扉が開きました。
正面に不動三尊像、手前に秘仏の歓喜天様が安置されている黒い円筒形の厨子。
釈迦如来・聖観音・普賢菩薩・毘沙門天・大黒天なども祀られています。

石段を下り、薬師院の前を通り過ぎると
IMG_3147.JPG

大きなくまの家
IMG_3153.JPG

2010年2月生まれの「とよ」くん
IMG_3152 (2).JPG
二重の檻の中で、時計回りにぐるぐる歩いています。
冬眠から目覚めて、元気いっぱいというところでしょうか。
ツキノワグマだそうですが、胸の白い毛は見えません。

2014年にイノシシ捕獲用の罠にかかり、殺処分されるところを、
高代寺のご住職が土地を提供し、熊森の団体が飼育することになったそうです。
IMG_3149.JPG

薬師院のブザーを押しましたが、お留守のようで、書置きの御朱印をいただきました。
IMG_20210410_0001.jpg

"ツキノワグマに会える寺・高代寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]