丹波のカラス寺・楞厳寺

京都府綾部市の関西花の寺二十五カ所の第2番、塩岳山 吉祥院 楞厳寺(りょうごんじ)へ。
宗派:高野山真言宗 創建:天平4年(732年)

山門
IMG_5324.JPG

境内図
IMG_5301-2.JPG

山門を通ったら右に折れ、参道の石段を上り、本堂を目指します。
IMG_5305.JPG

石段の下に、水子地蔵尊
IMG_5302.JPG

新四国八十八所めぐりの結願所
IMG_5303.JPG

石段を上る途中、右側に 手水場と
IMG_5306.JPG

宝篋印塔
IMG_5309.JPG
頂上の九輪石の下に小さな水たまりがあり、その水を身体に塗るとご利益があるそうです。

日限地蔵尊
IMG_5310.JPG

石段を上ったところに、鐘楼
IMG_5313.JPG

本堂
IMG_5311.JPG

IMG_5323.JPG

IMG_5318.JPG

御本尊は薬師瑠璃光如来様で、脇侍の日光・月光菩薩様や十二神将さんも祀られているそうです。
扉が閉まっているのですが、わずかな隙間から内陣を覗いてみると、黒っぽい仏像のシルエットがぼんやり・・・。
向かって右側には弘法大師様も祀られているようでした。
折り上げ格天井には日本画家の円山慶祥氏、真祥氏の花の絵が描かれているそうですが、残念ながら見えませんでした。

戦没者供養堂
IMG_5315.JPG

向かって左から、役行者・不動明王尊・弘法大師様
IMG_5321.JPG

役行者さんの足元がかわいいです♡
IMG_5319.JPG

この白い像は、観音様でしょうか。
IMG_5322.JPG

山門のところまで降りてきました。
庫裡に千手観音様が祀られているようです。
IMG_5325.JPG

庫裏の襖には、長井一禾画伯の四季のカラスの絵が描かれているため「丹波のカラス寺」と呼ばれているそうです。
カラス襖絵の拝観は、予約が必要とのことでした。

新四国八十八所の第一番札所
IMG_5327.JPG
ここからスタートし、向かいの山や本堂裏の山にかけて、八十八所めぐりができます。

観音堂
IMG_5328.JPG

道路を隔てた向かい側に、1万平方メートルのハス畑がありました。
IMG_5332 (2).JPG

IMG_5331.JPG

IMG_5334.JPG

春は庫裡の向かいの山に、ミツバツツジが咲き誇り、山をピンクに染めるそうです。

いただいた御朱印です。
IMG_20210711_0001.jpg

"丹波のカラス寺・楞厳寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]