中国観音霊場第19番・功山寺

山口県下関市の、中国観音霊場第19番・山陽花の寺第9番札所金山 功山寺(こうざんじ)
宗派:曹洞宗 開山:虚庵玄寂禅師 創建:元応2年(1320年) 本尊:千手観世音菩薩・釈迦牟尼如来

総門 
IMG_6185.JPG 

扁額は『海右第一峰』
IMG_6186.JPG

境内図
IMG_6199-2.JPG

地蔵堂
IMG_6188.JPG
左足を踏み下げた半丈六の延命地蔵菩薩半跏像が祀られ、8月24日の地蔵盆の時にご開帳されるそうです。

山門
IMG_6192.JPG

IMG_6195.JPG

扁額「護国場」は月舟の書。
IMG_6193.JPG

水掛け地蔵さん
IMG_6196.JPG

仏殿(国宝)
IMG_6200.JPG
屋根の反りがとても美しいです!

扁額は『金山』
IMG_6203.JPG

正面の格子戸から内陣が拝見できました。
ご本尊の十一面千手観音坐像は、宝冠がツインテールのように見え、可愛らしい印象です。
大きな舟形光背があり、千手が目立ちません。
小さな二十八部衆のうち23躯も祀られているそうなのですが、そちらはよく見えませんでした。

IMG_6201.JPG

経蔵(輪蔵)
IMG_6214.JPG

格子戸から中を拝見。
IMG_6217.JPG

高杉晋作挙兵(回天義挙)像
IMG_6216.JPG

『洗心~』と刻まれた石塔があったので、手水場でしょうか。
大内義長や高杉晋作が愛飲していた地下水は、病災消除・延命の名水と言われたそうです。
IMG_6219.JPG

鐘楼(撞けません)
IMG_6218.JPG

本堂前の『しあわせ地蔵』さんは、めっちゃ笑顔が可愛らしい♡
IMG_6209-2.JPG

本堂
IMG_6210.JPG

IMG_6207.JPG

IMG_6211.JPG

IMG_6212.JPG

売店にて内拝料@300円を納め、書院の玄関から本堂の内陣に入らせていただきました。
IMG_6223.JPG

本堂と書院の案内図です。
IMG_6226.JPG

本堂内陣の須弥壇に、釈迦如来坐像が祀られていますが、レースの幕がかかっていて、ほとんどシルエットしか拝見できません。
脇侍は、向かって左側に色鮮やかな衣を身に着けて合掌されている立像、右側は修行僧のような立像。
お釈迦様の弟子の、阿難(あなん)尊者と迦葉(かしょう)尊者かと思われ。
隣の「室中の間」には、僧形文殊像が祀られていました。

本堂から書院へ行くあいだに、心字池と苔庭があります。
庭の向こう側に見えるのが、書院「七卿潜居の間」
IMG_6229.JPG
幕末の「七卿落ち」で京を逃れた7名の公卿のうち、5名がこちらに滞在したそうです。

苔庭
IMG_6230.JPG

心字池
IMG_6232.JPG

茶室
IMG_6231.JPG

書院の欄間に『莫妄想』の額
IMG_6240.JPG

IMG_6239.JPG

達磨大師さんの掛軸
IMG_6241.JPG

庫裡の玄関に、韋駄天さん
IMG_6224.JPG
厨子に近づくと、照明が自動的に消えて約10秒間 暗くなるのですが、明るい時には閉じられているように見えた韋駄天さんの瞳がキラリと光ります。

梆(魚板)
IMG_6225.JPG

いただいた御朱印と御影です。
IMG_20210724_0005-2-horz.jpg

"中国観音霊場第19番・功山寺"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]