遅ればせながら、愛ルケ

ACP.jpgACPE.jpg

『愛の流刑地』 渡辺淳一 幻冬舎文庫 上下巻、約700ページ。
夜更かししまくりの4日間で読んでしまいました。
( *´艸`)クスクス  どんだけはまってるんですか、ワタシ。
渡辺淳一の本を読んだのは『ひとひらの雪』以来なので、およそ10年ぶりか・・・
なので、携帯でメールを交換する描写などが出てくると、なんだか不思議な感覚。

いや~、映画は良かったようなんですが、原作の方は、かなり評価が分かれてますね。
っつーか、悪評高いっすね(笑)
でも、私は好きです!!! どっぷりでした。

たしかに上巻まるまる描かれるしつこいほどの過激な性描写には、うんざりする人もいるでしょうが、それらも含むて、愛の深さに感動しました。そして最後の4ページで、号泣でした。
あぁ・・・これが本当の、罪と罰。

渡辺淳一さんの言葉です。
『精神と肉体と両方がつながり密着し、心身ともに狂おしく燃えてこそ、愛は純化され、至上のものとなる。
 今度の小説は、その純愛のきわみのエクスタシーがテーマである。その頂点に昇りつめて感じた人と、いまだ知らぬ人との戦いである。最高の愉悦を感じるか否かは、知性や論理の問題ではなく、感性の問題である。
 はたして、この戦いはいずれが勝つのか、そして読者はいずれに軍配をあげるのか、ともに考えていただければ幸いである。』

深いです。。。

さて明日から、連続休暇に突入します。
いよいよ親知らずの抜歯です。
顔が腫れている間は、どうせサックスも吹けないので、家にこもって、DVD鑑賞と読書に励みたいと思います。
ふふっ。いっそこのまま渡辺淳一祭り???

"遅ればせながら、愛ルケ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]